医薬分業とは

医薬分業

 
~よりよい医療を患者さんに提供するためのシステム~
 
医薬分業という言葉を耳にされたとがあるでしょうか?
 
従来、病院や医院でもらうお薬は、診察を受けた病院・医院で渡されることが一般的でした。最近ではこれに代わって、病院や医院で処方せん(お薬の種類・用法・用量等を書いた紙)を患者さんが受け取り、外の薬局で処方せんにもとづいてお薬を調剤してもらう、という形が広まってきました。これが「医薬分業」です。
 

処方せんを受け取ったら…

保険と処方せん

 健康保険によって診察を受けた場合は、健康保険を取り扱っている薬局(保険薬局といいます。寝屋川市の保険薬局は薬局・薬店リストをご参照ください)に処方せんをお持ち下されば保険が適応されます。「処方せん調剤」「処方せん受付」「保険調剤」「保険薬局」「基準薬局」などの表示のある薬局なら大丈夫です。
 

処方せんの有効期間は発行日を含めて通常4日間です。

 期間が過ぎる前に、薬局で調剤してもらってお薬を受け取るようにしてください。
お薬は処方せんと引き換えにお渡ししますので、処方せんをなくさないようにお願い致します。