医薬分業のメリット

医薬分業のメリット

①薬の専門家である薬剤師が、患者さんひとりひとりに応じた服薬の指導にあたり、また患者さんの体調変化・副作用の発見に努めます。
 
②処方せんを発行する医師と調剤する薬剤師とで、処方内容をダブルチェックすることができます。

③薬の管理や患者さんへの説明を薬剤師にまかせることで、医師はより診療に専念して時間をかけることができます。

④患者さんにお薬をお渡しするまでの待ち時間が短縮されます。(病院での長いお薬待ちの時間の解消)

⑤従来、医師は医院や病院の在庫の範囲内でお薬を処方していましたが、医薬分業により在庫薬にとらわれず自由に治療に使う薬を処方できます。

患者さんの病気を治すためには、医師・看護師・薬剤師をはじめさまざまな知識をもった専門家たちがたずさわっています。医療の高度化が進む現在、この専門家同士がチームワークによって協力しあうことが不可欠になっています。「医薬分業」は、薬のエキスパートである薬剤師が医療に積極的に参加して患者さんにお薬をもっと安全・有効・正確に使用してもらうためのシステムなのです。

「薬歴」について。
  薬局では、患者さんひとりひとりについて「薬の服用の記録」(薬歴といいます)を作成・保管しています。薬歴には、患者さん自身からお聞きした病歴・アレルギー・副作用の経験の有無・食事内容・体調・併用薬の有無などの情報を記録しております。その上で毎回のお薬の内容を記録し、患者さんの情報と照らしあわせてその処方内容で問題がないかチェックすることで、服薬指導に役立てています。
一般社団法人
寝屋川市薬剤師会

〒572-0036
大阪府寝屋川市池田西町28-22
TEL.072-828-3933
FAX.072-839-3933
1.処方せんによる調剤
2.一般用医薬品・健康食品・
 介護用品等の相談および供給

0
0
6
7
2
6